株式会社インターナショナル三興 会社沿革

ホーム > 会社概要 > 会社沿革

会社沿革

昭和50年4月
・岩槻市金重109-92番地に三興を創業
・収縮包装機械の製造販売業務を開始
昭和54年10月
・株式会社三興として資本金150万円にて法人登記
昭和55年10月
・大宮市三橋1-780-2番地に新社屋建設移転
・株式会社インターナショナル三興と改組
 資本金400万円に増資
・卓上型熱風式シュリンクトンネル、
 モデルIST-760、770、780を開発販売開始
昭和59年10月
・資本金1000万円の増資
昭和61年1月
・大宮市三橋1-780-2番地に新社屋建設移転旧社屋を
 性能能力向上の為第二工場として改築
昭和61年3月
・スリーブ包装機開発販売開始
昭和63年1月
・㈱エイフク産業と米国、欧州圏の販売代理契約を結ぶ
昭和63年10月
・大宮市三橋1-780-1番地に本社ビル建設
平成元年4月
・米国シャンクリン社の自動包装機を改良販売開始
平成4年2月
・長尺用サイドシール包装機
 ASL-325/326&ASUシリーズ開発発売開始
平成13年8月
・小型スリーブ・シュリンク包装機
 SR350FA&IST-660EF開発発売開始
平成13年9月
・オーバーラップ自動包装機
 SOW-550/560開発発売開始
平成15年1月
・小物用垂直式自動包装機
 ASL-240VC開発発売開始
平成17年1月
・高物用垂直式自動包装機
 ASL-250V開発発売開始